輪道一直線!!!

毎日人生をもがいてます。

DIXNA ラ・クランク チェーンリング45-33Tをてにいれた!

日課のメルカリでのパーツ探しをしていると、DIXNAのチェーンリングが安値で出ていた。

45-33Tという日本のシクロクロスコースの為のギヤだそうです。

東京サンエスでは辻浦圭一氏が監修をしており、このチェーンリングも氏が監修した物だそうです。

以下メーカー説明
日本の地形に合ったベストギア比を・・日本シクロクロス界のレジェンド「辻浦圭一」のアイデアを具現化したシクロクロスチェンリング。

ドライ系をコンパクトギアで廻すアメリカやイタリア、反してウェット系をトルクで乗り切るベルギーやオランダ、その中間的な日本の土壌環境に於いて、起伏・コース幅・土の質・一周の距離などのスピード変化の激しい日本独特のレースコースを見据えた最適な歯数。
絶妙な45Tは踏み切れるトルクでスピード維持を、PCD110最小クラスの33Tは素早い踏み出しと小さいシングルトラックでも余裕を与えてくれる。起伏の激しい日本の里山での遊びやツーリングのシーンでも33Tで乗車率アップ。さらに41Tをラインナップし、多くのライダーに扱いやすく、高レベルの脚力がなくても使いやすい構成で、ラ・クランクの優位性と相まってオフロードの魅力にライダーを誘い込むアイテム。

以上メーカー説明

 

今では46-36Tを使用してましたが、貧脚ゆえにレースでは36x28Tでさえ踏み負ける始末。

アウターギヤなんで必要ないんじゃ〜と叫んでましたが、ここで33Tを導入する事で、ワイドにギヤを使う事が出来るようになります。

f:id:abs_racing:20180807224901j:image

取り付けてみたところ、変速は問題無し。

後は走りながら負荷がかかって状態での変速は問題ないか?を確認する必要があります。


f:id:abs_racing:20180807224908j:image

ブラックタイヤを履かせてシクロクロスシーズンの準備万端です。


f:id:abs_racing:20180807224913j:image

みよ、この圧倒的なクリアランス

40Cくらいならいけちゃいそう?

 

ハンドル落差を見たところ、ハンドルが1cmほど高くなっている始末。

ハンドルが高いとサドルに荷重しやすくなり、逆に抜重しにくくなる。

ステムは-17度ステムなのでステムでは無い下げられないのでハンドルを交換

シマノのアナトミックハンドルに変えて落差を確保。

f:id:abs_racing:20180807224905j:image

 

良い感じになってきました。

悪路を走った時のブラケットポジションで僕のポジションが決まりそうです。

 

JFF#803

ワンバイエスシクロクロス用フレーム JFF#803をヤフオクで半値以下でゲットした。

 

最近お金を使いすぎていたので購入するのに迷ったが、欲しかったカンチブレーキフレームでサイズもピッタリ。

シクロクロスのレジェンド辻浦圭一監修、坂バカ界のアイドルこと筧五郎さんも使用するフレームとあれば手に入れるしかない

そう思ったら落札していた

 

今までディスクブレーキのシクロクロスは持って行ったが、フロントが15mmのスルーアクスルでリヤエンド幅が135mmと昨今のシクロクロスグラベルロード規格から外れてしまっていた。

ディスクブレーキタイプのホイールを新たに用意するのも使用頻度と予算的に難しいことから、ロードの資産を使えるカンチブレーキのフレームが以前から欲しかったのです。

 

f:id:abs_racing:20180806221037j:image

そうして運命の導きによって手に入れたフレーム。

私は筧五郎さんのファンである、

このフレームを手に入れられたことは非常に嬉しい。

 

まずは組み立てる上で、必要な部品を早速取り寄せた。

取り寄せたが、発注ミスや想定外なこともあり再度発注。


f:id:abs_racing:20180806221106j:image

フロントアウター受け

ステムと受けの隙間を確保するのがポジション的に難しく、アウターワイヤーそのままだとワイヤーに負荷がかかってしまう為、フレキシブルワイヤーを使いブレーキの取り付けした。


f:id:abs_racing:20180806221029j:image

シートクランプにアウター受けが付いているタイプ。

間違えて28.6mmを発注してしまい、再度31.8mmを注文した。

シルバーのフレームにあうようにゴールドを選んだ。

このアウター受けはそのまま使うとブレーキワイヤーが引き切れなく、どうしたら良いのか悩み、56cycleのブログでシクロクロスの画像検索をしたらアウター受けを上下逆さまに付けていたのを見つけ試したところ、無事に取り付けることができた。

f:id:abs_racing:20180806221101j:image

僕を悩ま方カンチブレーキ

セッティング方法が分からずに四苦八苦。


f:id:abs_racing:20180806221051j:image

ワイヤーにはライナーを付けてフレームとの接触しても良い様に保護してます。

シクロクロスでの泥汚れ対策にもなるかと、!

バーテープを巻いた一旦完成。

後は走りながらのポジション調整していきます。
f:id:abs_racing:20180806221041j:image
f:id:abs_racing:20180806221055j:image

今回ホーマックで透明チューブを購入して、シフトワイヤーに取り付け手フレームとの接触保護に使っています。

アウターワイヤーにはほそくてつかえぬかったのか残念。
f:id:abs_racing:20180806221025j:image

25Cのタイヤをつけても圧倒的なクリアランス
f:id:abs_racing:20180806221022j:image

一週間

矢島カップが終わってから、いつもの日々が戻ってきた。

月曜日  

さすがに朝練はなし

夜にローラー 一時間

 

火曜日

仕事が忙しくて何もなし。

朝は今まで使っていたMERIDA REACTOを再塗装する為に塗装剥がし。

工具があれば楽チンなのだが、サンドペーパーでシコシコとヤスル。

 

水曜日

家族で海へ。

帰りに来月のラベンダーカップのコースを偵察。

前半狭く下りのコースで、ここを集団で下ると考えるとちょっと腰が引けてしまう。

 

木曜日

海で日焼けして怠い。

毎年のことだが1日で体を日焼けするとだるさが出てくる。

 

金曜日

夜ローラー

暑くて30分で撃沈

 

土曜日

久しぶりの土曜朝練。

8時集合だが6時にでて1人練

8時に集合場所へ行くも一人しかこない。

 

みんなたるんでいるな。

誰でもいいので土曜朝練にきてほしい。

一人で走るよりもみんなで走ることで強くなれる方法があるはず。

 

日曜日

朝練はなし

1日雨が降っていた。

夜にローラー1時間。

軽くメニューをこなしながら。

 

忙しかったのかあまり自転車に乗らない一週間

 

忙しかった要因は

REACTOの塗装剥がし

新しいシクロクロス

 

新しいシクロクロスは矢島カップに行っている間に届いたので、今週はコツコツとパーツを集めて組み立てをしていた。

詳しくはまたの機会。

 

来週乗り切れば夏休み、

自転車に乗る時間はあまりないけれども、暑さも少し和らいできたので過ごしやすくなりそう。

矢島カップ 2nd stage ヒルクライム

2日目はヒルクライム

 

26km獲得標高1000mくらい。

どれくらいの距離を走るのかもスタートの時に知った。

 

パレード区間はスピードは遅いが前方との距離がつまるので気をつけながら走る。

私の年代は最後のスタート。

序盤のペースからマイペースで走る。鳥海くらいのヒルクライムなんて登る機会がないから、登れるのかすら怪しい。

 

たくさんの人に抜かれて焦る。

ほかのクラスならいいが同じクラスだとヤバイヤバイと言いながら登ることになる。

結果なんて見えているんだから何もやばいことはない。

 

この日は暑くて、給水所の水が嬉しかった。

ダブルボトルで臨んだが、どちらもポカリのモンスター割。

飲んでいるうちに飽きて来るんだ。

 

 

200wのイーブンペースで走るが、後半はもう適当。

ギヤを使いきり、もっと軽いギヤが欲しいと思いながら登る。

 

すでに腰が痛くなっていたため、頑張ることすらできず、ひたすら耐えるのみ。

腰が痛くなると辛いんだよね。

 

頂上に近づくにつれて風が強くなる。

その頃になると痛さと辛さで無の心です。

 

f:id:abs_racing:20180805215341j:image

辛い辛い時を乗り越えてゴール!

 

f:id:abs_racing:20180805215432j:image
f:id:abs_racing:20180805215420j:image

 

寒くてスイカを食べてもすごく美味しいとは感じなかった。

 

登ったら下り。

下りも辛い。一時間かけて下ります。

f:id:abs_racing:20180805215641j:image

表彰式の抽選会でくまちゃんモナカをゲットだぜ!

 

登っているときは辛いんだけど、また来年も頑張ってみようかなと思う自分がいる。

80歳以上でも登っているんだから自分なんてまだまだこれからだよ。

 

帰路で羽後の小玉スイカチッチェを購入。

f:id:abs_racing:20180805215808j:image

身がしっかり詰まってて美味しい。

 

さて、また来年に向けてがんばるんば

 

矢島カップ 1st stage TT

7月29日は秋田県由利本荘市で開催される矢島カップの初日

TTに参加してきた。

 

この日を迎える上で、7月の総走行距離を1000kmにするためにこの週は朝練と夜ローラーに勤しんでいた。

 

矢島カップは7年前にハーフクラスで参加したのみで久しぶりの参加。

2日日間の参加は自身初。

f:id:abs_racing:20180805212526j:image

午前中から受付をしているため、家からおよそ二時間で矢島駅前の会場へ到着。

f:id:abs_racing:20180805212435j:image

自転車を用意し、TTコースの試走を2回。

思っていたよりも登るコース。

試走で16分だったので15分を目標にする。

 

自分の順番が来るまでは近くの道路を行ったり来たりしてアップ。

着に絡むことはないので、来年に向けての指標を作るべく走る。

f:id:abs_racing:20180805212448j:image

 

いよいよスタート。

前半は追い風、折り返してくるので、後半は必然的に向かい風

 

前半はいい調子で進む。

折り返して登って来る頃には垂れてきて失速、

向かい風に苦しみながら14分ちょっとでした。

 

クラスでは22位

丁度真ん中くらい

 

 

終わって自転車を片付けて、屋台でご飯を買って食べてまったり。

f:id:abs_racing:20180805212615j:image

 

f:id:abs_racing:20180805212636j:image

ババヘラも食べたよ。

 

お風呂も有料ですがあるので泊まるのにはとてもいい環境。

 

夜も暑くて眠るのが大変でした。。。