奥州乃最速屋の練習日誌

黄色い肉弾丸が今日も行く!

朝から汗だくで

毎週水曜日にzwiftでレースがある。

朝5時ごろからスタートのJAPAN ZWIFT MORNING RACEだ。

 

参加してる人は5倍のパワーを出す人が当たり前にいて私の様な下級サイクル人は太刀打ちできません。

 

数名脚が合う人も参加するのでその方たちに負けないやうに走ります。

 

朝から汗だくでローラーするのもなかなか辛いですが、自転車競技は辛さに耐える快感という不思議な気持ちを教えてくれます。

 

f:id:abs_racing:20170915053019j:image

結果を貼っときますが、差があり過ぎてる。

多分リアルでも上位な人たちなんでしょう。

 

体重減らせばワンチャンあるか?ないか

 

負けないこと、逃げ出さないこと

久々のブログ更新。

今週は平日にリアクトのヨゴレ取りをしてたら割とガッカリするレベルで塗装を剥がしたのでオフシーズンに塗装を決めた。

10月以降にレースに出る予定は無いので、早々にパーツを外そう。

寒くなりすぎると塗装するときに塗料のノリが悪くなる、

以前から気になっていたSPRAY BIKEを試してみようかと思っている。

 

さて、そんなこともあり、仕事も忙しくもあり、平日は自転車に乗ることもあまりなくなりました。

 

土曜日はサタモニが有るのでなんとかのれている。

平坦だけなら40km/h位をキープできるようになって来たので、自分の成長を感じる。

坂は相変わらずのタレっぷりなので、そこは筋肉でカバーできるようになりたい。

 

日曜もショップの練習会に行こうとしてたら、予定が入って行けなかった。

午後から自転車に乗る時間があったが、気力もなく昼寝して過ごす。

 

結局車を久しぶりに洗って過ごして終わる、

夜にzwiftレースに参加してみる。

 

10kmの短いレース

f:id:abs_racing:20170910214903j:image

 

のっけから全開で走る。

ローラー台用マシーンをカーボンステムとカーボンシートポストに変えたいたが、ローラーにもあまり乗ってないので、強度的に問題ないかも確かめたかった。

結局はローラーでは問題ない。

 

レースの方は、Bクラスで登録したが、一人逃げている。

追いかけてみたがAクラスの集団に混ざっているようで、追いつくことはなく離されていく

 

今の順位をキープするために、後ろを気にするが、後ろも小集団で走っている。

 

要は自分だけ一生懸命脚を使って走ってたということか

 

残り一キロで後ろがペースアップ

一旦追い抜かれたが、さしかえす。

のこり200mから前に出られて力負けして4位に。

最後の最後で粘り負ける。

f:id:abs_racing:20170910215020j:image

気持ちから負けてちゃ勝負にならないよね。

負けない気持ちを持つことが大事

後ろにつかれると休めない

土曜朝練

新しく1人来てくれた。

STRAVAで近くを走ってるのを見つけて誘って見たら来てくれた。

とても嬉しいですね。

f:id:abs_racing:20170902214042j:image

 

往路は我慢のコース

今日は向かい風がつよい。

 

37km/hを目安に走る。

速度を落とすと後ろから追い越していくので、行かせてから再度抜く。

 

坂に入ると、いつもは重いギヤのまま登るが、そうすると失速して離されてしまうので、ギヤを下げて離される距離を短くするためにケイデンスで稼ぐ。

 

登りきった後も速度は緩めずに回すように意識していく。

280w位をターゲットに走る。

往路は30分くらいで終わるのでFTPより高めに。

 

初参加のSGSWさんは千切れずに付いてくる。

いつもは一人で走ってると言う。

爽やかな青年だ。

 

復路は下りが多いのでスピードが上がる。

往路で遅れた人もここは頑張る。

だけど行かせないように速度を上げられたら上げ返して抑える遊びをして見た。

 

一定ペースではなく、緩急をつけて走るのも脚に刺激になるので、遊びの中に練習を取り入れている。

 

スプリントゴール間近で速度を少しづつ上げて、最後にスプリント。

自分がどれくらいの時間をスプリントできるのか手探り状態。

 

終わってからのトークタイムも楽しく、時間を忘れてしまう。

 

帰宅路は先行して帰ったSGSWさんが見えたので追いかける。

40km/hほどで走ると追いつけそうなので、追いつくまで速度キープ。

1時間しか走り込んだ後に、また走るのも辛い。

いつもなら、ダラダラと帰るのに。

 

合流してからも速度をキープして走る。

 

今日も良い練習になりました。

1週間でまともに走ってるのはこの時間だけなのでとても大切です。

中華な国から届いた物は…

Aliexpressをよく使います。

俗に言う中華サイトなのですが、品物が届かないと言うことは無く、時間は1週間ほど掛かりますがちゃんと届きます。

 

クオリティは高くないのは値段からして仕方がない。

 

今回購入したのはこれ

いかにと怪しげな箱ですね。

f:id:abs_racing:20170831223820j:image

中には何が入っているのでしょうか?

f:id:abs_racing:20170831223940j:image

じゃじゃーん!

カーボンシートポストと、カーボンラップされたアルミステム(ややこしい)です。

 

ステムは17度の角度の物をチョイス。

これで1200円。

アルミステムでもこの安さは無いですね。

取り付けてみると、ネジの噛み込みがチョット雑な作りになっています。

 

ネジにグリスを塗りつけ、気をつけながら締め込みます。

f:id:abs_racing:20170831224217j:image

なかなかかっこいいですね。

1200円のステムだとは気づかれません。

 

つぎに取り出しますはカーボンシートポスト〜!

こちらは本物のカーボンの様です。

 

f:id:abs_racing:20170831224251j:image

早速取り付けてみると。文字が書いてるギリギリまで差し込みます。

文字が隠れちゃうと残念さが増すので、見えててよかった。

 

このステムは2300円です。

 

まぁ、なんてやすいんでしょう!

アルミシートポストでもこの値段じゃ買えませんよ。

 

f:id:abs_racing:20170831224726j:image

とりつけてみた感じはこんな感じになりますが、カーボン柄がマッチしてカッコいいです。

 

重量は今回計らなかったのですが、持った感じはそんなに軽さは無い。

値段相応です。

 

カタログでの重さは

ステムは130g(80mm)

シートポストは220g

でした。

 

今回エアロカーボンハンドルも取り付けたかったのですが、この自転車は触覚STIの為、エアロハンドルにしてもエアロ性能が皆無になってしまいますので、購入は見送りました。

 

このロードバイクは基本的にローラー台用、天気の悪い日用ですので、外で乗る機会は少ないですが、走りに行きたくなっちゃいますね。

 

見た目もグレードアップしていい買い物をしました。

 

 

 

 

 

 

52x14Tのシングル通勤車の考え

使い古しのロードバイクを通勤車両にしている。

フロントディレイラを外し、スプロケを14Tだけにしている。

このジテツウ号は時間がある時にでも紹介しま

す。

 

いまフロント52

リヤ14Tの構成で使っている。

ギヤ比にすると3.7位だったと思う。

 

ケイデンスを90で40km/h

 

私の通勤路は6km平坦2km辛い登りか、

10kmのアップダウンのどちらかになる。

朝は余り朝をかきたくない、

これから仕事だと言うのに汗だくでシャワーもないので、仕事に支障が出てしまうし、周りからも不衛生だと思われてしまう。

 

朝は頑張らずに走る。

 

帰りは家まで距離を最短時間を目指して走る。

そこは平坦だ。

 

平坦なら40km/h以上で走りたい。

軽いギヤは使いたくない。常に最速でいたい。

 

まずは52x14Tで日頃から回す意識を持って走る事にしようとジテツウしている。

 

シングルスピードなら軽いギヤに逃げることもできない。

重いギヤを踏むのも技術が必要になる。フィジカルだけでスピードアップは何処かで頭打ちになってしまう。

 

52x14Tにしてしまうと坂がつらくなるが、会社までの坂は5%斜度を500mの距離を走れば十分に着く。

52x14Tでもダンシングを駆使して登れない事はない。

 

止まってからスタートするときはギヤが重くて走りにくいが、これもまた練習の一つになる、と考えれば良い。

 

シングルギヤにする事でスプロケが汚れなくなるし、余計なギヤがないぶん車重も軽くなる。

 

自転車があまっているならば、一台をシングルスピードにするのをお勧めする。

 

ピストと違ってホイールのハブはフリーターなので走っていて怖くないのも助かる。

 

常に自分を追い詰めて走る。

 

少しでも最速に届くように