奥州乃最速屋の練習日誌

黄色い肉弾丸が今日も行く!

雨の夏油

日曜日は栗駒ヒルクライム出したが、雨予報のため不参加。

代わりに夏油へ行こうと声をかけたら、数人が行くと。

 

9時にスタート地点に集合したのはZさん、Yzさん、Smdさん、Tmy、Fzsw.

 

既に夏油の山は雲に覆われ、見えず…

 

暗雲立ち込める中でのスタート。

f:id:abs_racing:20170520213007j:image

 

ここで、やめておけばよかったなんて

その時は思いもしなかった…

 

今日のメンバーの脚はそれぞれバラバラなので、ノンビリペースでスタート。

夏油ヒルクライムの最初平坦区間は話をしながらノンビリと。

Zさんはレース志向なので、色々と話を聞けて楽しい。

 

平坦区間が終わる頃にはポツポツと雨が降り始める。

取り敢えず瀬美温泉まで行って見ましょうと、進む。

雨がまだ軽く降り続く。

 

瀬美温泉に着くと、

雨は小雨だが走らない事も無い、頂上まで行きましょう!と言うことになった。

 

走り出してから雨に当たると、撤退、と言う文字は頭の中から消えてしまう、

 

ここから登りが始まるが、それぞれのペース。

坂がまだ慣れていないFzswに簡単に教えて、一緒に走っていたが、ちょっと寒くなってきたので一回心拍を上げようと前走者を追う。

 

Tmyになら追いつけるかもと、ちょっとペースを上げてみる。

残り3km位で追いつき、話をするとアウター縛りで走ってると。

たまにはそんなことしてみるのも楽しいよね!と、思いながらラスト3km

頂上が近づくにつれてガスりだし、寒くなってきた。

雨も強くなり、体は冷えたままでゴール。

 

頂上の夏油スキー場では新緑祭りをやっていて、それを知っていたので、今日はいつもよりも多めにお金を持ってきていた。

 

さて。何を食べようかなと、ポッケを探ると…

 

ん?

 

あれ?

 

およ!

 

 

財布がない…

 

 

全然無い

 

 

これはまずいぞ!非常にまずい!

 

多分スタート地点で写真撮った時に落ちたんだ!

そう思い急いで下山、

 

雨と寒さで震えながらの下山は非常に辛い。

頭の中は財布の事でいっぱい。

 

どうにかあってくれ!

と、願いながらスタート地点に戻る。

 

付近を探してみると…

 

 

ない。

 

 

全然ない。

 

 

 

草しか生えてないわ。

 

 

こうして散々な日曜日がただ過ぎて行きました…