奥州乃最速屋の練習日誌

黄色い肉弾丸が今日も行く!

至高の焼きそばを求めて

f:id:abs_racing:20170607183452j:image

 

焼きそばを食べに秋田まで行って来ました。

僕は焼きそばが大好きで、「食べたいものは?」と聞かれれば「焼きそば」と答えてしまい、常に冷蔵庫には焼きそばをストックしてて欲しい程でおる。

それにつけて、卵も好きで、毎日ゆで卵を食べている。

 

その二つが混ぜ合わせた至高の料理が秋田の横手市にある。

 

それが「横手やきそば」だ。

 

その至高の料理を求めてロングライドする事にした。

 

行きは397号を超えて行きましたが、ダラダラと登りが続くコース。

初めて走るコースだが、結果的に800m登らされる事になっていた。

 

途中の補給ポイントは無く、途中にある胆沢ダムでの水分補給が最終ポイントとなる。

 

天気も良く、胆沢ダムはいつもよりも綺麗だった。

f:id:abs_racing:20170607180841j:image

 f:id:abs_racing:20170607180848j:image

 

私はカロリーメイトを持参して来たので、事なきを得たが、慣れないコースを走るときは補給食を少なからず用意しておくに越したことはない。

 

更にいつ熊が出てくるのかドキドキしながらのクライム。

湧き水がある場所があり、そこで水を汲んで行く人たちがいる。

そこに注意書きがあり、

「熊がかじった跡がある空き缶が見つかりました。ゴミは持ち帰りましょう」

 

この注意書きをみた途端に、自転車に乗り、急いで、その場所から離れた。

こんな山の中で出会ったら、ひとたまりも無い。

 

運良く、熊に遭遇することなく秋田に抜けることができた。

 f:id:abs_racing:20170607180925j:image

 

東成瀬村は仙人の村と言う顔があり、至る所に仙人が書かれた看板がある。

 

仙人像を見つけたので立ち寄ってみた

f:id:abs_racing:20170607181120j:image

何とも神々しい感じになってしまった。

まるで今やっているゼルダの伝説にも似ている。

そう思うと、この東成瀬村の風景もゼルダの伝説の世界にも似て来た。

 

あそこにいるのはゴブリンか!

いや、農作業してる人か。

 

妄想しながら、僕は自転車走らせた。

 

お昼時になり、お腹がすいて来たので、横手やきそばを食べられるところを探す。

 

近くに道の駅があるので、とりあえずそこへ行ってみようと思った。

 

道の駅に着くと、平日にもかかわらず人は沢山いた。

フードコートがあり、そこには横手やきそばや、十文字ラーメンがあった。

ラーメンに心が動いたが、今日の目的は横手やきそばだ。

迷いを振り切り、横手やきそばを注文した。

 

お昼時の為か、中々出てこない。

その間、外に止めてた自転車がきになる。

鍵をかけて入り口に止めてあるから、盗む人はそうそういないと思うが、心配になる。

 

10分ほど待った後に、お待ちかねの登場

f:id:abs_racing:20170607181638j:image

焼きそばの上に目玉焼きがのり、福神漬けを添えられている。

 

これが中々美味く、唯の焼きそばではない。

ここまで80km程走って来て疲れている体に焼きそばの旨さが染み渡る。

満足度は高い。

 

帰りは107号ルート
こちらはアップダウンが小刻みに来るルートでトンネルを何回も抜けるので、車が追い越すときが怖いですね。

 

途中、錦秋湖でクールダウンするために、丸ごとスイーツを頂きました。

f:id:abs_racing:20170607183443j:image


わらび餅が入ってて美味しいです。

中々今日は良いコース

距離160km

広告を非表示にする