Civandish Road

毎日人生をもがいてます。

カーボンフレームを塗装して見た 決断編

とうとう一線を超えてしまった。

 

私のMERIDA REACTOはLAMPRE MERIDAモデル

f:id:abs_racing:20171004054513j:image

フレーム色に多く白を使っていた。

その白い部分があるとき気づいたら黄色く黄ばんでいたのだ。

 

自転車の保管は家の中なので野ざらしではない。

今年の四月に購入したばかりで、黄ばみに気づいたのは7月。この短期間に変色するのは理解ができなかった。

コンパウンドで磨いたりもしたが、黄ばみは取れる事なかった。

 

そこで私は決めた

 

「今シーズンのレースが終わったら、塗装しよう」

 

自転車の塗装はママチャリをフルメンテした時に2回ほど塗装した経験がある。

 

あの時は鉄フレームで、全塗装だったので塗装を剥離剤で剥がして再塗装を行った。

今回はフレームの白い部分のみを再塗装する。

これまで行ってきた塗装とは少しやり方を変えなければならない。

 

スプレー塗装だが、去年のサイクルモードから気になっていたspray bikeと言う塗料がある。

塗装を剥がす必要無し

下地塗り不要

速乾性

要約すると、そのまま簡単にスプレー塗装ができて、すぐ乾く物らしい。

 

ものぐさな私には丁度良いものを見つけた。

まだ残り数レースを残していたが、衝動に駆られてspray bikeをカートに入れていた。

 

塗装する色は迷ったが、変に冒険した色よりも無難に飽きの来ない黒を選んだ。

クリアー剤にはラメの入ったものがあったのでアクセントとして使うことにして見た。

 

ラメの入ったフレームは中々ないので、自分らしさが出るんじゃないかと思っての決断。

f:id:abs_racing:20171004055627j:image