奥州の直線鬼の自転車日誌

毎日人生をもがいてます。Youtubeチャンネル「チバシンサイクル」も見てね!

みんなも気になるTARMAC DISCの重量測定

SPECIALIZED TARMAC DISC SPORTの車体重量はサイトを見ても記載がありません。

ディスクブレーキ車なので過度な期待は禁物です。リムブレーキ車よりも少し重くできています。

今まで乗っていたMERIDA REACTOがDI2仕様で7.8kg行くかな行かないかな?位だったのでそこら辺目標にしておきたい。

 

エアロロードよりも重いのは良くない。

 

画像は有りませんが、ペダル無しでの車体重量は8.2kg。これにペダルの重量は250gとすると8.5kgに行かないくらいの重量となります。

今回は取り外せる範囲でのパーツ重量を確認していきます。

 

まずはリヤホイール

f:id:abs_racing:20190727131438j:image

スプロケットがない状態で1750g。

タイヤが250gでチューブが120g、ローターも130gとするとここから500gマイナスになります。

1.2kg…だと…

なんだが重い結果になりましたね。

気を取り直してフロントホイールです。

f:id:abs_racing:20190727131509j:image

これも同じく500gを引くと1000gか…?重いぞ…

ネットの情報だと前後で1600gだったのに実歳は2.2kg…だと。

これはちゃんと全部ひん剥いて測定する必要がありますね。600gも重いってことはあるのか?

 

気を取り直して、こちら!

サドル

f:id:abs_racing:20190727131615j:image

サドルはちょっと重いです。自前のサドルと交換しました。

f:id:abs_racing:20190727131537j:image

200g程ですので150g軽くなりました。

次はこちら、ハンドルです。

f:id:abs_racing:20190727131643j:image

ハンドルもお気に入りのDIXNAアグリーハンドルバーがありますので、そちらに交換です。

アグリーハンドルバーは280g程ですので少し軽くなりました。

ここからさらに…

ここからさらに、クランクを105からパイオニアパワーメーター次はアルテグラクランクに交換したりして完成。

ペダル抜きでの重量は8.0㎏程度になりましたが、ペダルをつけると8.3㎏ほどになります。

 

結局のところ、軽いパーツに交換しても、ボトルケージや、サイコンを付けていくと重くなっていきます、

サイコンなしの状態でペダルをつけて8kg台は決して軽い部類ではないのですが、今はこの状態にしておきます。

 

今後変えていくとするとDi2コンポの導入が最優先で、ホイールもカーボンホイールとか入れて行きたいなとは思ってます。

 

重さを感じさせない走りが得られます!なんて言いたいですが、重い自転車はやっぱり重いです。

 

軽量なパーツを使ったとしても、7.5㎏くらいまでしか減量はできそうにありませんね。

 

以上、TARMAC DISCの重量測定でした!