奥州の直線鬼の自転車日誌

毎日人生をもがいてます。Youtubeチャンネル「チバシンサイクル」も見てね!

路面が濡れてても走るといい事があるかもしれない

今日は練習会

朝は雨が降っていて路面が濡れていたが、

『路面が濡れてるくらいなら走ろう!』

と思えるようになったのはディスクロードにしてからだ。

リムブレーキの時はホイールのリム部が汚くなるので雨の日は走りたくなかったがディスクロードはそれがない。

洗車しやすい。

 

だが、自転車を外に出してみると小雨がパラついてきた…

あれ?今日は練習会あるかな?

一旦自転車を家の中に入れる。

とりあえず準備して外に出ると雨は降っていない。

もし練習会がなかったとしても店でコーヒ飲んで帰ろう思い家を出る。

 

走り始めると結構風が強い。

北からの風なので行きは良いが帰りは辛そうだ。

 

天気が悪いと人が集まらないが、それでも4人集まった。

もう路面は乾いてて走るのは問題がないほどになっている。

 

昨日のスプリントクライム紫波で下ハンを持って走った時に違和感があったので今日はいつもより意識して下ハンを持って走る。

前日にNHKチャリダー☆でやってた全日本ロード選手権を見てテンションが上がってるのもある。

 

だが、坂になると一気に置いてかれる。

えいえい!と上るのに対してスイーッと登っていく。

同じケイデンスにしても体重差があるのでギヤはもっと重いギヤを回せないとダメだ。

 

途中4kmのアップダウンコースは過去の自分との勝負だ。

STRAVAのライブセグメントで過去のタイムとの比較をしながら走る。

常に-5秒程で走れているのでこのペースであれば更新できる。

足が辛くなるがサイコンに表示されているタイムを見ると脚は休むことは出来ない。

最後の最後まで走りきりタイムは25秒ほど更新した。

STRAVAのライブセグメント機能大好き

平均ワットで243w

下りもあるので良い値は出てると思う。

 

誰よりも重いギヤを誰よりも早く回す

モアパワー