奥州の直線鬼の自転車日誌

毎日人生をもがいてます。Youtubeチャンネル「チバシンサイクル」も見てね!

鬼の55-42Tをてにいれた!

今日は台風が近づいてるので一日雨でした。

さて昨日DURAACE FC-9000 52-42Tという、いつ使うんだ?的なクランクを手に入れました。

しかもパイオニアのパワーメーター付き

 

これをTTバイクとしているMERIDA REACTOに取り付けました。

REACTOはBB下にブレーキがあるので左クランクにはパワメが付けられません。

右側にしか付けられず、よってパイオニアのパワーメータが選択肢となります。

 

夏油ヒルクライム初日のTTのコースの後半が下り基調でありいまの52Tのクランクでは回しきり速度が上げづらいのです。

 

55Tあればトップスピードを更に引き上げることができるようになります!

 

まぁ、そんな脚があればなんですが…

 

これが54-42Tだ!
f:id:abs_racing:20191012221445j:image

でかいです。普通にでかいです。

取り付ける時にフロントディレイラの位置を少し上に上げたり、

リヤディレイラをヤフオクで買ったRD-6800に交換したり

金曜の夜は寝ないでクランク交換に勤しんでました。


f:id:abs_racing:20191012221723j:image

写真を撮るのも忘れるほどに没頭。

パワーメーターのモードがパワーメーターモード(パワーのみ出力)になっていたので、ペダリング効率を見れるペダリングモードに変更がひつようでした。

やり方をすっかり忘れてしまってパイオニアのサイトからマニュアルをダウンロードして確認して変更しサイコンに認識させることができました。

 

パワーメーターを使い始めると全ての自転車にパワーメーターが欲しくなります。

全ての運動量を管理したくなります。

 

せっかくパワーメーターを高い金出して使うのでパワーをみて一喜一憂ではなく有意義に使えるようになりたいですね、

 

コーチ業に興味があるがセルフコーチングで自分が早くならなければ説得力はないね。