奥州乃最速屋の練習日誌

黄色い肉弾丸が今日も行く!

ANCHOR RA5をどこまで軽く出来るのか?

ANCHOR RAシリーズは完成車価格でも15万くらいで購入できるので、
ロードバイクの1台目として購入される方も居る事でしょう。

ロードバイクに乗り始めて段々と
「軽くした方が早く走れるんじゃない?」
という疑念に取り付かれて、自転車の軽量化に走り始めます。

決して軽くないアルミバイクであるANCHOR RA5 08年式を、
無理のないパーツ構成でドコまで軽くなるのか?と言うのを試してみます。

まずはパーツ構成
ハンドル:DIXNA J-FIT MORE 410mm
ステム:DEDA 90mm
シートポスト:DIXNA 
サドル:セライタリア SL XP
ホイール:WH-6700
タイヤ:コンチネンタル ウルトラスポーツ
ボトルゲージ:エリートカスタムX2、不明ボトルゲージ(ボトムチューブの裏側に取り付け

携帯ポンプ:TNI High Pressure Micro Floor Pump 160g

コンポ構成
STI:TIAGRA ST-4500
ブレーキ:105 BR-5600
BB:FSA POWER DRIVE
クランク:FSA VELO
スプロケSRAM 11-25T
フロントディレイラー: FD-4500
リヤディレイラー:RD-5600
ペダル:PD-6700

ってな感じの105、DURA,TIAGRAが交わった9速の構成です。
この携帯ポンプが付いた状態での重量は・・・

9.8kg

でした~!!!
重いね~

ここから、減量に挑戦です!!!
クランクを FC-5700へ
 BBをBB-9000へ

そして再度重量測定!


9.4kg 

クランクを交換しただけで400gも減量です。

これからのパーツ変更による予測減量は・・・・


フロントディレイラーFD-6700 ⇒ 12g減量
リヤディレイラー RD-6700 ⇒ 30g減量
クランク FC-6700 790g ⇒ 50g減量
STI STI-5700 ⇒ 50g減量
携帯ポンプ取り外し 160g


と、なると・・・300gくらいか・・・

9kg切れるか切れないか?というところまでしか減量できませんな。
他にもライトやらなんやら付いているから、それを全部外せば9kgは切れるでしょう。

もっと軽くするにはホイールを軽いのにすればいけるかな?
無理せず、最軽量を目指すので、そこまではしません。

TRIGONと比べると1.5kgくらいはハンデがありますが、それもまたよしとします。