輪道一直線!!

黄色い肉弾丸が今日も行く!

宮城BRM419七ヶ宿参戦記

宮城ブルベの角田~山形長井市の100kmを往復する
「BRM419七ヶ宿」へ参戦してきました!

コースプロフィールとしては、
0~50km 緩やかなのぼり
50km~100km 平坦
100km~130km 平坦
130km~140km 登り区間
140km~200km 下り基調
という、がんばれば何とかなるコース。

スタートからはmarukumaさんを風除けに走る。
途中登り区間に入ってから、ゆっくり上る人たちを追い越すのだが、そんなにがんばって追い越しても仕方がないので、そこからはマイペースで。

PC1の道の駅 七ヶ宿までは40kmもなく、良いペースで到着。
道の駅はまだ開いていなかったので、補給物資を買うことも出来なかったので、手持ちのプロテインバーを補給。

marukumaさんは宮城の自転車のりたちと撮影会してたので、自分はお先にスタートした。

PC2までは50kmあり20kmくらいは登り基調。
すごく辛い坂はないので、無理しないペースで登り続ける。
歌を歌いながら、春のブルベを楽しみました。

70kmを過ぎたあたりから

「あれ?なんだか左ひざが痛い・・・」

これはやばいかな?と思いながら、軽めのギヤで30km/hをキープするペースで走る。

ブルベ機にはTIAGRAのSTIが取り付けられているのだが、これが自分の手にあってない。
もう少し遠くにSTIのポジションが来れば楽になるのだが、長いステムを用意できなかず、STIのポジションもとりあえずの位置にしていたのが災いして、50kmを過ぎたあたりから手のひらが痛くて仕方ない。


ここからは、
膝痛
腰痛
手痛
の3痛に悩まされながらの苦行。

PC2についたときには10時半くらい。お昼を食べるのには早かったけれど、おにぎりを二個ほおばり、
早々に出発。

途中膝の痛みが強くなってきたので、「これはまずい」とサポーターを装着。

あとはごまかしながら25km/hペースで走る。
遅くても、時間マージンは取れているので痛みがよほど酷くならなければ制限時間内でのゴールは大丈夫だという確信はあった。


復路の難関でもある峠越えは、一番軽いギヤを使い、10km/h以下のスピードになりながらもなんとか超える

途中、野生の猿たちを見ることができた。
もそもそと動く灰色の影を見つけた時はテンションがその日一番になりました。

峠を超えたら下り基調になる。
膝に負荷の掛からないギヤで、下りの勢いを殺さないように走る。

PC3まで来たら気持ちの余裕も出てきたのか、羊羹を食べる元気も出てきた。
膝の痛みと戦ってる時は食べることも億劫になっていた。
時間的余裕が出来たらのんびりするのも大事。

ここまで来たら、後は余程のことがない限りゴールまで行くのは容易い。
あと40kmだ!

なんて、思ってても残りが長い。
焦ることなく、あまり来ることもない宮城県南を楽しみながら走る。
何も目新しい物は何も無かったけれど。

コースを楽しむ余裕がまだまだ無いので、余裕を持って走れるようになりたい。

時々くる坂道を膝通をこらえながら登り、無事にゴール!

10時間程かかりましたが、何とかゴール

まだ体が慣れてないこの時期に走れたことは大きい
ひざを治して次を頑張らなければ!











広告を非表示にする