読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

輪道一直線!! Keep going!

奥州乃最速屋の練習日誌

MTB由利本荘カップ

レース・イベント シクロクロス・MTB
11.20に開催された由利本荘カップ。
認知度は低いようで参加人数は少なく全クラス合わせても30人前後。

MTBのレースはヒルクライムファンライドイベントに比べてエントリフィーが安く、
交通費、食事代も含めて考えると、少しでも安いのは助かる。

MTBという未知の領域に踏み入れる楽しさも、また格別でもある。

当日は朝から由利本荘へ移動。
家から2時間程度でつく距離での大会は非常に良い、
9月のクリテリウムで来ているので由利本荘は来やすい場所でもある、

朝7時半からの受付に7時過ぎに会場につく、

車が一台止まっているだけだったので、朝食を買いに近くのコンビ二まで戻る
会場に戻り、朝ごはんを済ませてから、MTBの準備。

私のMTBは知り合いから3万円ほどの譲ってもらったままで、変えたところといえばステムとハンドルを交換したくらいでほかに目立ったところは変えていない、
すごく重い。

7時半からの受付だが人も集まっていないので、うろうろ。
時間を過ぎたあたりから受付開始。
あまり時間はキッチリしておらず緩い感じです。

受付を済ませてからコースの試走。

途中にトイレがあったので立ち寄ると、あきたくまおさんが居た。
最初気づかなくて、誰に声かけてもらってたのかすらわからなかった。

目が悪いので、人を判別するのに5秒くらいかかるので申し訳なかったです。

試走はほかの人の後ろについてお勉強しながら走行。

MTBはどうやって走らせるのかよくわからないので、後ろについて勉強できたらいいなと。

1周走って、疲れてしまったので。試走は終了。

おなかが痛くなってきたので試走どころではなかった。
トイレが汚いし、和式だけで久しぶりのピンチ!僕デリケートなんです。

キッズレースが始まる頃にきれい目なトイレがあることを発見!
和式だが、ここは仕方がない!!

何とかミッションをクリアして体が軽くなる、

さて、私ので出番だ、
今回MTBレースは夏の耐久レース以来の2回目の参加なのでビギナークラスにエントリーしました。

あけてびっくり、ビギナークラスは私一人だった。

これは人生初の優勝のチャンス!
完走さえすれば優勝だ!!!と大人げない心でスタートラインへ
ビギナークラスはスポーツBとレディースと一緒のスタート。

ビギナークラスは他よりも2周少ないのでスポーツBの選手になるべく付いていこうとスタートから前目につける。

前半は2位くらいでつけていましたが、階段下りや、コーナーでジョジョに離され、転倒して離され
コースミスして離され…
1周する頃には5番手くらいに落ちました。

2周目で一人に抜かれ、追いかけていくうちに前輪が滑り転倒、
転倒の際に左足首をひねった瞬間
「あ、完走できなくなる。。。優勝ができない。。。」
と、頭の中をよぎりましたが、立ってみると問題はなく、また走ることができました、

あとは安全第一で走り切って2周終了でゴール!

めでたくビギナークラス優勝でした!


終わってみると2周じゃちょっと物足りなさを感じました。
次はスポーツBにエントリーしてもっと走りたいですね。

走り終わった後のきりたんぽ鍋が熱くて美味しかったです。

表彰式と抽選会でも沢山のお土産をもらいました。
何かもらって帰れるのはとても嬉しいですね。

自転車グッズとかだけでなく地元のものを貰えるのが嬉しい。



MTBの楽しさをまたひとつ味わうことができました。